「THE BASICS OF BOOSTER DRAFT」ブースタードラフトの基礎【LEVEL ONE翻訳】Limited-02

【MTG上達】Reid Duke - LEVEL ONE 翻訳と要約

この記事について

MTGの公式サイト(英語)にて連載されていた、体系的MTGプレイング講座「Level One」を翻訳・要約していく記事である。

LEVEL ONEの翻訳記事一覧はこちら

これからマジックの上達を目指していく人の助けになれば幸いである。

というか筆者自身も上達したい

筆者

そんなわけで要約と翻訳を掲載していく。

訳は誤りもあり得るので適宜原文にもあたってみていただきたい(そしてDeeplにかなり頼っている)

絆リス

シラバスの原文はこちら!
参考 LEVEL ONE: THE FULL COURSEMTG(英語)

LEVEL ONE – 「THE BASICS OF BOOSTER DRAFT」ブースタードラフトの基礎【要約】

参考 THE BASICS OF BOOSTER DRAFTMTG(英語)

【要約】内容はこんなかんじ

今回はリミテッドフォーマットのドラフトの基礎講義となっている。

要約
  • シールドに比べると強いデッキを作りやすいフォーマット
  • シナジーを意識しよう
  • しかしシナジーに引っ張られすぎないように注意
    • マナベース、マナカーブ、クリーチャー数、除去呪文、カードアドバンテージを最優先に
  • カウンタードラフト(カット)はしないほうがよい
  • シグナルについては別の記事で詳しく説明する
こんな感じ!

筆者

絆リス

詳しくは下の訳を読んでみてね!

【翻訳】「THE BASICS OF BOOSTER DRAFT」ブースタードラフトの基礎

ということで以下訳である。

絆リス

当時(2015年頃)のスタンダードのカードを使っての説明になっているので、現代のカードやデッキに置き換えて考えてみてね!

画像はMTGの公式サイトの原文ページより引用させていただいている。


Posted in Level One on August 3, 2015 By Reid Duke

序文

ブースタードラフトは、カジュアルプレイヤーはもちろん、あらゆるレベルの大会で最もプレイされているマジックのフォーマットのひとつである。

シールドとともに、プロツアー、プロツアー予備予選、グランプリなど、ほとんどの大会で選ばれているリミテッドフォーマットだ。

シールドは、プロツアー、プロツアー予備予選、グランプリなどのほとんどの大会で採用されている。

その一方で、このフォーマットの奥深さとチャレンジを楽しむ真剣なプレイヤーにも同様に人気がある。

ブースタードラフトを学ぶことは、マジックを志すプレイヤーにとって優先すべきことだ。

 

ブースター・ドラフト(以下、ドラフト)はシールドに似ているが、カードをドラフトするという第一段階が加わる。

8人のプレイヤーが輪になって、ブースターパックを開け、カードを1枚選んで、次のプレイヤーに渡す。

最終的には、すべてのカードが選ばれ、プレイヤーは合計3つのブースターパックを使ってこのプロセスを繰り返す。

マジック・オリジンのパックでは、ドラフトが終了すると、プレイヤーは42枚のカード(基本土地を除く)を手に入れ、40枚のデッキを構築する。

シールドと同様に、プレイヤーは基本土地を何枚でもデッキに加えることができる。

DRAFTING A DECK ドラフトピック

シールドデッキでは6パックを開封するが、ブースタードラフトでは3パックしか開封しない。

とはいえ、ドラフトで見ることのできるカードの総数はシールドデッキよりもはるかに多い。

自分のデッキに最適なカードを自由に選ぶことができるので、ある意味、ドラフトの方がシールドデッキよりもカードの総数が多いと言える。

 

つまり、ドラフトのデッキはシールドデッキに比べて、より優れていて、より強力で、より速く、そして(最も重要なことですが)より集中していることが期待できる。

全てのカードを選択して、1つの協調した戦略をとることができるのだ。

構築戦のように極端になることはないが、あなたのドラフトデッキは、あなたの選択次第でアグロデッキやコントロールデッキの型にはまるかもしれない。

Synergy シナジー

シナジーは、マジックのすべてのフォーマットにおいて重要なコンセプトだ。

特にドラフトでは、良いピックと効果的なデッキの方向性を示すために、頭の片隅に置いておくべきである。

シナジーとは、カード同士の相性が特に良いことを意味する。

 

シナジーは、《反逆の行動/Act of Treason》で相手のクリーチャーを生け贄にして《ナントゥーコの鞘虫/Nantuko Husk》を出すように、2枚のカードの間に存在することがある(コンボと呼ばれることもある)。

例えば、エルフの多いデッキには《群れのシャーマン/Shaman of the Pack》が入っているように、1枚のカードが他のデッキと相乗効果を発揮することもある。

あるいは、最も良いケースは、デッキ全体にシナジーが組み込まれている場合だ。

例えば、あなたのデッキにはレナウンを持つ安価なクリーチャーが多く、攻撃を続けるためのコンバット・トリックが多く含まれているとする。

この場合、あなたのデッキには明確なプランがあり、すべてのカードがこのプランに向かって動いている。

コンバットトリックは、高名を持つクリーチャーを押し切るのに役立つし、安価なクリーチャーはコンバットトリックを効果的に使う機会を十分に与えてくれる。

Archetypes アーキタイプ

アーキタイプとは、数多くのバリエーションが考えられる反復的な戦略のことである。

アーキタイプのシェルやパターンは、個々のカードが変わっても見分けがつく。

アーキタイプは構築戦にも存在し、異なるセットが有効なフォーマットであっても、機能的に似たコントロール・デッキを2つ作ることができるし、ブースター・ドラフトにも存在する。

 

アーキタイプの例として、『マジック・オリジン』のドラフトでは青赤アーティファクト・デッキが挙げられる。

《ギラプールの歯車造り/Ghirapur Gearcrafter》は「青赤アーティファクト」デッキにぴったりのカードだが、このカードがなくても「青赤アーティファクト」デッキは組める。《工匠の天啓/Artificer’s Epiphany》、《鋳造所の隊長/Chief of the Foundry》、《つむじ風のならず者/Whirler Rogue》なども同様だ。

すべての「青赤アーティファクト」デッキの特徴は、飛行クリーチャー、除去呪文、カード・アドバンテージ、そしてアーティファクトのシナジーを利用することである。

青赤アーティファクトのドラフトがうまくいけば、個々のカードがどのようなものであっても、これらの特徴は存在するだろう。

 

理想的には、1つ以上のアーキタイプを念頭に置いてブースタードラフトを開始する。

自分のデッキがどのように仕上がるのかというビジョンを持つことは、非常に役に立つ。

さらに、いつものように、練習すれば完璧だ。

初めて「青赤アーティファクト」や「黒赤サクリファイス」をドラフトしたときは、ある程度は手探り状態かもしれない。

しかし、あるアーキタイプのドラフトを5、6回行うと、その長所やよくある落とし穴がわかってきて、それに合わせたドラフトができるようになる。

Balance バランス

シナジーを求めたり、特定のアーキタイプをドラフトしたいと思っても、マジックの基本的な原則を無視してはいけない。

いつものように、ドラフトの際には、マナベース、マナカーブ、クリーチャー数、除去呪文、カードアドバンテージを最優先に考えよう。

 

スムーズなマナカーブを持ち、クリーチャーとスペルがうまく組み合わされた、よくできたデッキは、たとえシナジーがあまりなくても、十分に機能する。

シナジーが多くても、マナベースやマナカーブが悪いデッキは、やはり不器用で厄介なものになるものだ。

シナジーは良いことだが、最も重要なことを犠牲にしてはいけない。

 

また、すべてのカードが同じように作られているわけではないことも覚えておいてください。

 

《強欲なドラゴン/Avaricious Dragon》は、「青赤アーティファクト」デッキとは特別なシナジーがないかもしれない。

しかし、《ギラプールの歯車造り/Ghirapur Gearcrafter》や《工匠の天啓/Artificer’s Epiphany》など、あなたが想像するどんなカードよりも、私は《強欲なドラゴン/Avaricious Dragon》を選ぶと思った方がいいだろう。

結局のところ、これはまだリミテッド・マジックであり、ボムはボムなのだ。

CHOOSING YOUR COLORS 色の選択

ブースタードラフトで最も興味深い問題のひとつは、色をどのように選択するかということだ。

 

最も基本的な戦略は、パックを開ける前に、事前に色を決めておくことである。

これは完全に正しい戦略であり、私はしばしば初心者に最適な方法として推奨している。

恥ずかしいことではないのだ。

実際、この戦略を高いレベルの大会で採用したとしても、ドラフトやデッキ構築、ゲームのプレイをしっかりと行っていれば、十分に良い結果を得ることができるだろう。

 

ただし、隣の席のドラフト担当者に自分のドラフトする色を伝えたり、相手のドラフトする色を聞いたりして調整することはルール違反となる。

 

少し上級者向けの戦略としては、最初の2〜3パックの中から、色に関係なく最高のカードをドラフトする。

そして、最初の2、3パックで選んだ色をそのままドラフトするのだ。

この方法では、どの色のプレミアムカードを開封するかという潜在的なメリットを得ることができるが、色間の迷いを心配する必要はない。

自分のデッキに入らない色のカードのためにピックを無駄にすることもない。

 

しかし、ドラフト上級者は、ドラフトで起こったことに順応して、どの色を選ぶかを決めるだろう。

時には、ドラフトの途中まで完全に色を決めないこともある。

彼らは、オープンであることを大切にする。

 

オープンであるとは、チャンスを逃さないことだ。

例えば、2パック目の《強欲なドラゴン/Avaricious Dragon》を開封したとする。

すぐに色を決めた場合、それをデッキに入れるかどうかは完全に運次第だ。

開いていた場合は、爆弾カードを開封してその色で遊べるチャンスを逃さないようにする。

 

さらに重要なのは、開いている色を見つける能力だ。

ここで、あなたの代わりに私が《強欲なドラゴン/Avaricious Dragon》をオープンしたとしよう。

私はドラフトの早い段階で白緑のドラフトをすると決めていたので、ドラゴンをそのままあなたに渡す。

もしあなたが、私が赤ドラフトではないことを正しく認識できていれば、ドラフト中に私が流す他のすべての優秀な赤カードとともに、そのドラゴンを手に入れることができるのだ。

WHAT THE OTHER DRAFTERS ARE DOING

ブースタードラフトの面白さは、様々な要素が絡み合ったダイナミックなプロセスであることだ。

自分の行動が周りのドラフトメンバーに影響を与え、彼らの行動が自分にも影響を与える。

 

彼らは最終的にはトーナメントの対戦相手となるが、理想的には隣のドラフターと色の取り合いはしないだろう。

もしあなたが、両隣のプレイヤーが青赤と黒赤のデッキを作っているという事実を知っていたとしたら、白緑のデッキを作った方が得策だろう。

なぜなら、隣のプレイヤーが欲しがらない最高の白と緑のカードをすべて渡すことができるからだ。

Signals シグナル

隣接するドラフト担当者がお互いのドラフト内容を知ることで、協力し合い、より良いデッキを作ることができる。

このような理解と協力は、シグナルに気づくことによって達成される。

 

シグナルといっても、ウインクしたり、テーブルの下で足を振ったり、野球帽を3回傾けたりすることではない。

また、ドラフトの話をしてはいけない。

これらの行為はすべてルール違反となる。

代わりに、シグナルは、あなたが隣人からどのようなカードを渡し、受け取り、渡さず、受け取らないかという形で行われるのだ。

 

シグナルの最も良い例は、ドラフトの後半で非常に強いカードを受け取ることだ。

例えば、《焦熱の衝動/Fiery Impulse》は、赤のドラフトでは誰もが自分のデッキに加えたいと思うような強いカードある。

《焦熱の衝動/Fiery Impulse》を6手目で選べたということは、あなたにパスを出した5人のプレイヤーが全員、このカードを選ぶことを拒否したということだ。

この5人のプレイヤーにとって、それはおそらく2つのうちの1つを意味する。

(A)より強い赤のカードをピックした(爆弾レアがあればパックを開けたプレイヤーがピックする可能性もある)、または(B)赤をドラフトしていない(より正確には、ピックした時点で赤をドラフトしていなかったということだ)。

 

後半に《焦熱の衝動/Fiery Impulse》が流れてくるということは、赤が空いている色かもしれないというシグナルとなる。

つまり、赤をドラフトした場合、ドラフトが進むにつれて隣の人が強いカードに興味を示さなくなるため、強いカードを渡される確率が少し高くなる。

同様に、《焦熱の衝動/Fiery Impulse》を渡すことは、赤が空いている色かもしれないというシグナルを下流に送ることになる。

もしあなたが《焦熱の衝動/Fiery Impulse》をパスしたとしても、後でパスした相手が赤をドラフトしていたことがわかっても、それほど驚くことではないだろう。

 

シグナルとは複雑な概念なので、今回はこれ以上の説明はしない。

とりあえず、ドラフト中に自分の周りで起こっていることを意識するようにしよう、というアドバイスを残しておく。

どんな強いカードが渡されているのか、どの色が目立って欠けているのかを注意しよう。

とはいえ、自分のドラフトをシグナルに合わせようと躍起になるのもよくない。

周りの人のドラフトを知ったときにはもう遅くて、せっかくのカードがなくなってしまっていることもあるのだ。

色を変えれば変えるほど、無駄なピックが増え、効果的なデッキを組むチャンスが減ってしまう。

 

色とアーキタイプの選択は、「ドラフトしたいカード」「すでにドラフトしたカード」「空いていそうなカード」の3つの要素を組み合わせて行う。

この3つの要素にかける比重は、状況やドラフトの進行に応じて変化する。

しかし、一般的には、どれか1つが他の2つよりも重要だとは考えていない。

Counterdrafting カウンタードラフト(カット)

カウンタードラフトをしてはいけない。

 

カウンタードラフト※訳注:「カット」とも呼ばれるは、ブースタードラフトの中でも比較的重要ではないため、LEVEL ONEで言及することを躊躇している。

しかし、読者の皆さんがドラフトを始めたばかりの頃に陥りがちな、「カウンタードラフトの概念を知ってから、それを重視しすぎてしまう」ということを避けるための手助けになればと思い、そうしている。

 

カウンタードラフトとは、他の人がそのカードを持てないように、ドラフトからカードを取り除くためにピックを使うことだ。

例えば、白緑のドラフトで《強欲なドラゴン/Avaricious Dragon》を開封したとしよう。

もし私が、自分のデッキに入れるつもりではなく、単にあなたが手に入れられないように、このカードをピックしたとしたら、それはカウンタードラフトということになる。

 

カウンタードラフトは意地悪でもスポーツマンシップに反するものでもない。

問題は、その戦略的判断が間違っていることだ。

8人のブースタードラフトでは、7人の潜在的な対戦相手がいて、自分のデッキが相手のデッキと比べてどうなるかを考えるべきである。

自分のデッキにプラスの効果を与えることは、比較的大きな影響を与える。

7人の対戦相手のうち1人のデッキにダメージを与えても、そのラウンドの勝率が大きく上がることはない。

 

私があなたに《強欲なドラゴン/Avaricious Dragon》を渡すことを後悔するためには、次のようなことが必要だ。

まず、私たちはペアを組まなければならない(通常、7人の対戦相手のうち3人と対戦する)。

第二に、あなたは自分のドラゴンを引かなければならない。

3つ目は、ゲームとマッチで、次善のカードではなく、このカードを持っていたために、私に勝つことだ。

これは可能だが、特に可能性はない。

 

私が《強欲なドラゴン/Avaricious Dragon》をカウンタードラフトするのは、パックの中に欲しいものがない場合に限り、正しいことです。まずは自分のデッキを優先して、カウンタードラフトは後回しにしよう。

もしカウンタードラフトをするタイミングがあるとすれば、それはたいていパックの後半で、良いカードがほとんどなくなってしまった後だ。

そうすれば、自分にとっては何もなくても、相手にとってはプレイ可能なカードがあれば、遠慮なくそれを手に入れることができる。


今日の記事から1つ教訓を得るとすれば、ブースタードラフトは作りたいと思うほど難しいということだ。

シグナリングやカウンタードラフトのような概念は深くて複雑ですが、基本的なことは比較的簡単である。

バランス、マナカーブ、カードアドバンテージといったことに注目するだけで、遠くまで行くことができるのだ。

マジックを始めたばかりの人は、怖がらずにブースタードラフトに挑戦してみてほしい。

もしあなたが経験者なら、まだマスターしていないフォーマットの新しい側面に焦点を当てることに挑戦してみてほしい。


絆リス

訳はここまで!(プレビューパートは割愛してます!)

おわりに

ということでLEVEL ONE リミテッド講義の2回目「THE BASICS OF BOOSTER DRAFT」について要約・翻訳をしてみた。

ブースタードラフトの基礎的な話をここで覚えて、次なる講義をチェックしておこう。

LEVEL ONEの翻訳記事一覧はこちら

 

いやはや、往年の記事を読むのも勉強になるものである

筆者

絆リス

勉強になるな
そして紙で遊べ!

トスキ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です