「SIDEBOARDING IN LIMITED」リミテッドにおけるサイドボーディング【LEVEL ONE翻訳】Limited-03

【MTG上達】Reid Duke - LEVEL ONE 翻訳と要約

この記事について

MTGの公式サイト(英語)にて連載されていた、体系的MTGプレイング講座「Level One」を翻訳・要約していく記事である。

LEVEL ONEの翻訳記事一覧はこちら

これからマジックの上達を目指していく人の助けになれば幸いである。

というか筆者自身も上達したい

筆者

そんなわけで要約と翻訳を掲載していく。

訳は誤りもあり得るので適宜原文にもあたってみていただきたい(そしてDeeplにかなり頼っている)

絆リス

シラバスの原文はこちら!
参考 LEVEL ONE: THE FULL COURSEMTG(英語)

LEVEL ONE – 「SIDEBOARDING IN LIMITED」リミテッドにおけるサイドボーディング【要約】

参考 SIDEBOARDING IN LIMITEDMTG(英語)

【要約】内容はこんなかんじ

今回はリミテッドフォーマッサイドボーディングの基礎講義となっている。

要約
  • 限定的な除去カードは、サイドボードにて大きな効果を発揮する
  • 相手のデッキの速さによって自分のデッキを調節しよう
  • 相手のクリーチャー構成に応じて、自分のクリーチャーを変更することも検討しよう
  • シールドではデッキに入らなかったカードがすべてサイドボードとなる
    →色の変更も含めて、サイドボードを検討しよう
  • ドラフトではシールドほど柔軟にはできないので、ピックしつつ自分のデッキの弱点を意識してサイドボード用のカードをピックできると良い
こんな感じ!

筆者

絆リス

詳しくは下の訳を読んでみてね!

【翻訳】「SIDEBOARDING IN LIMITED」リミテッドにおけるサイドボーディング

ということで以下訳である。

絆リス

当時(2015年頃)のスタンダードのカードを使っての説明になっているので、現代のカードやデッキに置き換えて考えてみてね!

画像はMTGの公式サイトの原文ページより引用させていただいている。


Posted in Level One on January 12, 2015 By Reid Duke

序文

リミテッドマジックは、ある意味でゲームの最も純粋な形だと言える。

構築に比べてパワーレベルが低いため、ゲームは接戦になることが多く、1枚のカードや組み合わせ、ビッグターンで決まることはあまりない。

このようなゲームでは、小さなアドバンテージが積み重なっていくので、あらゆる手段を駆使することが重要になる。

その中でも特に重要なのが、サイドボードだ。

 

リミテッドでもサイドボードを使えば、構築戦と同じような効果を得ることができる。

しかし、私は特に重要ないくつかの点を強調したい。

PERFECTING YOUR ANSWERS 完全な解答

リミテッドで最も有用なサイドボードカードは、ボーダーラインの除去呪文である。

《残忍な切断/Murderous Cut》や《停止の場/Suspension Field》のような協力な除去呪文はいずれにせよメインデッキに入るだろう、パワーレベルの点でボーダーラインとなる除去呪文(《打ち倒し/Bring Low》や《大蛇の儀式/Rite of the Serpent》のような重いものを考えてみてほしい)や、殺せるものが非常に限定されている(《暴風/Windstorm》や《帰化/Naturalize》のような)除去呪文もある。

 

《石弾の弾幕/Barrage of Boulders》は、相手のブロックを防ぐことができるかどうかで、メインデッキに入れるかどうかを決めるカードだ。

しかし、第1ゲームで対戦相手が《軍族童の突発/Hordeling Outburst》を唱え、《子馬乗り部隊/Ponyback Brigade》を変異し、さらに数多くのタフネス1のクリーチャーを唱えたとする。

すると突然、《石弾の弾幕/Barrage of Boulders》がサイドボードに入れておきたい素晴らしいカードになるのだ。

 

同様に、タルキール覇王譚リミテッドでは、《暴風/Windstorm》が優れたカードであるとは思わないだろう。

しかし、このカードは、このフォーマットで最も強力なカードである《風番いのロック/Wingmate Roc》を含む、多くの厄介なクリーチャーを殺すことができるのだ。

相手がこのようなカードを持っていることがわかったら、あなたはサイドボードで答えを探す準備をしなければならない。

 

このように、リミテッドのサイドボードで最も重要なスキルは、強いカードと交換できる弱いカードを見つけることだ。

シールドやブースタードラフトでは、対戦相手のように多くのレアカードを持っているとは限らないし、パックが不利になっても勝つチャンスを得たいのであれば、より日常的なツールを効果的に使う必要がある。

 

《蔑み/Despise》は、《高山の灰色熊/Alpine Grizzly》や《賢者眼の侵略者/Sage-Eye Harrier》を除去する際にはあまり効果的ではあない。

しかし、《龍語りのサルカン/Sarkhan, the Dragonspeaker》や《兜砕きのズルゴ/Zurgo Helmsmasher》を引いた相手に勝つための唯一の方法の1つであるかもしれない。

同様に、《軽蔑的な一撃/Disdainful Stroke》、《取り消し/Cancel》、《頑固な否認/Stubborn Denial》は、《砂塵破/Duneblast》や《火口の爪/Crater’s Claws》を引いてきた相手に勝つためのゲームプランを提供する。

たとえ非効率的、間接的な方法であっても、ボムに答えられるカードはリミテッドでは有用だ。

これらのカードは、サイドボードを組む際に最もよく検討されるカードだ。

SLOW MATCHUPS AND FAST MATCHUPS 遅いマッチと速いマッチ

リミテッドでは、一般的にバランスの取れたデッキを構築したいものである。

攻めと守りの両方をこなせるカードや、マナカーブに沿って分散したクリーチャーを用意する。

その理由のひとつは、対戦相手のデッキの速さが事前にわからないため、万全の体制で臨みたいということだ。

しかし、サイドボードの後は、対戦相手のマッチアップに合わせてデッキを調整することができる。

 

タルキール覇王譚のリミテッドでは、3マナ以下のコストのクリーチャーを最低3枚は必ずデッキに入れるように気をつけている。

なぜなら、速いデッキと対戦するときは、早い段階でクリーチャーを交換して、大きく遅れを取らないようにしたいからだ。

しかし、相手が遅いデッキを使っていて、素早いクリーチャーラッシュでは私を倒せないとわかった時点で、私は自分の方針を窓から放り出すことができる。

欲を出して、安いクリーチャーをサイドボードに入れて、長期戦で有利になる高価なクリーチャーに変えるかもしれない。

 

それに代わるものとして、《従順な復活/Dutiful Return》のように、多少遅くてもカード・アドバンテージを得られるものを探すことになる。

また、《取り消し/Cancel》のように、ゲーム終盤に特に有効なアンサーカードも探す。

 

逆に、相手のデッキが非常に速い場合は、早い段階でトレードオフできるように、さらに安いカードを持ってきて、ペースを維持できるように頑張ることになる。

MATCHING UP POWERS AND TOUGHNESSES

適切な状況下では、《炎蹄の騎兵/Firehoof Cavalry》のようなサイドボードを入れることもある。

このカードは一般的な品質にもかかわらず、相手が攻撃してくる安価なクリーチャーと交換するのにちょうどいいかもしれない。

《マルドゥの悪刃/Mardu Hateblade》、《跳躍の達人/Leaping Master》、《マルドゥの頭蓋狩り/Mardu Skullhunter》などのデッキに対して、《炎蹄の騎兵/Firehoof Cavalry》はトレードするものを見つけ、後手に回らないようにしてくれるだろう。

《ティムールの軍馬/Temur Charger》と交換することもできるかもしれない。

《ティムールの軍馬/Temur Charger》がアンコモンで《炎蹄の騎兵/Firehoof Cavalry》がコモンであることは重要ではない。

《ティムールの軍馬/Temur Charger》がドラフトで高く評価される可能性のある強力なカードであることも重要ではないが、重要なのは《炎蹄の騎兵/Firehoof Cavalry》のパワーが1で《ティムールの軍馬/Temur Charger》のタフネスが1であることだ。

 

適切なパワーと適切なタフネス、そして適切なタフネスと適切なパワーをマッチさせることで、大きなアドバンテージを得ることができるのだ。

それはあなたが細心の注意を払い、常に機会をうかがっているべきことである。

あなたがアブザンのデッキをプレイしていて、デッキの40枚目のカードを決めかねていると想像してみてほしい。

対戦相手が《マルドゥの頭蓋狩り/Mardu Skullhunter》を持っていたら《ジェスカイの学徒/Jeskai Student》を、相手が《わめき騒ぐマンドリル/Hooting Mandrills》を持っていたら《射手の胸壁/Archers’ Parapet》を、相手が《雪角の乗り手/Snowhorn Rider》を持っていたら《朽ちゆくマストドン/Rotting Mastodon》を、それぞれ選ぶ。

メインデッキにどれを選んでも、サイドボードの際には切り替えられるようにしておこう。

SIDEBOARDING IN SEALED DECK シールドでのサイドボーディング

シールドではサイドボードが最も重要だ。

シールドデッキにおいて、カードプールを選択することはできない。

また、デッキに入れるカードから漏れても、そこに強力な選択肢がたくさんあることを忘れないでいただきたい。

使わないカードはすべてサイドボードになる。

 

シールドでは、上記のような可能性がすべて、しかも頻繁に出てくる。

対戦相手が持っているものに対抗するために、クリーチャーベースを調整する。

マッチアップが遅い時にはカード・アドバンテージを、マッチアップが早い時には初期防御を強化しよう。

相手の脅威、特にボムを処理するための完璧な答えを探そう。

 

しかし、それだけではない。

封印されたデッキでは、サイドボードで色や戦略を完全に変えることができる。

デッキを組むときに、アブザンデッキとジェスカイデッキのパワーレベルが似ているかもしれない。

例えば、ジェスカイのデッキには《取り消し/Cancel》があるので、対戦相手が《砂塵破/Duneblast》を持っているときに、この2つのデッキを切り替えることができるかもしれない。

副次的な効果として、相手に推測させ続けることができる。

あなたが飛行クリーチャーの群れで第2ゲームに勝ったとする。

対戦相手は第3ゲームに《暴風/Windstorm》をサイドボードに入れてくるかもしれないが、あなたは飛行クリーチャーがほとんどないアブザンデッキに完全に戻ってしまうこともできるのだ。

シールドでのサイドボードの選択肢をすべて把握し、対戦相手が同じトリックを使っているかもしれないことを意識してほしい。

SIDEBOARDING IN BOOSTER DRAFT ドラフトでのサイドボーディング

ドラフトでは、シールドと同じレベルの柔軟性はない。

もしあなたがアブザンデッキをドラフトしているなら、ほとんどの場合、ジェスカイに変身するのに十分なカードを手に入れることはできないだろう。

そのため、サイドボードの変更幅は小さくなりますが、それが重要でないということではない。

 

ドラフトでのサイドボードは、実際にサイドボードのカードをドラフトしなければならないため、さらに複雑な要素を含んでいる。

これは非常に重要なことだ。

メインデッキに入れたいカードがなくても、《従順な復活/Dutiful Return》や《帰化/Naturalize》、《石弾の弾幕/Barrage of Boulders》などは、後で必要になったときのために手に入れておきたいものとなる。

このコンセプトについては、次回の記事で詳しくご紹介したい。

 

サイドボードに入る可能性のあるカードを見極め、自分のデッキの弱点を把握する練習をしよう。

飛行クリーチャーが少なく、除去も少ない低速のアブザンデッキには、《暴風/Windstorm》が本当に必要かもしれないし、サイドボードに入れておくためにもピックするべきだろう。

GENERAL TIPS FOR SIDEBOARDING IN LIMITED リミテッドサイドボーディングの一般的なTips

リミテッドのトーナメント戦では、毎試合の間に必ずメインデッキとサイドボードの両方に目を通す。

これは面倒で時間のかかることだと思うかもしれないが、とても良い習慣だ。

すぐに覚えられるし、他の方法では見つけられなかったことを発見できるようになるだろう。

 

例えば、メインデッキに強力なカードが入っていても、たまたまその対戦ではあまり役に立たないことがある。

私は自分のデッキから《大物潰し/Smite the Monstrous》を切ろうとはめったに思わないが、もし2回の長いゲームで4タフネスのクリーチャーを1体も見なかったとしたら、そうするのが正しいだろう。

他にも、サイドボードの中をよく見てみると、宝石に出会うことがあります。

“おい、この《殻脱ぎ/Molting Snakeskin》を使って《砂塵破/Duneblast》からクリーチャーを救えるかもしれないぞ!”

サイドボードを考えるのには何のコストもかからない。

サイドボードをうまく使えば、小さなアドバンテージが得られることもあるし、最悪の場合、学習プロセスを加速させ、既成概念にとらわれない考え方を身につけることができる。

 

サイドボードのために余分なスリーブを持ってこよう。

まず第一に、最も明らかなことだが、サイドボードを作成する時間を短縮し、試合を時間内に終わらせるのに役立つし、おそらくあなたと対戦相手の人生をより楽しくするだろう。

次に、サイドボードに入れるべきカードを覚えておくことができる。

トーナメントが始まる前に、《暴風/Windstorm》や《ラクシャーサの秘密/Rakshasa’s Secret》をスリーブに入れておけば、毎回、それらを考慮することを忘れずに済むだろう。

最後に、サイドボード中にあなたが何をしているのか、対戦相手が正確に知ることが難しくなる。

もしあなたが5枚のカードのスリーブを外して、サイドボードから5枚のカードを入れ替えたとしたら、どうでしょう…相手はあなたが5枚のカードでサイドボードを組んだことを知ってしまう。

想像してみてほしい、シールドデッキで色を入れ替えたときに、スリーブを追加せずに何が起こるか!?

 

これが次のヒントになるが、サイドボードをしない場合でも、少なくともするふりをするべきだということだ。

サイドボードをしない場合でも、サイドボードをするふりをすることだ。

こうすることで、相手に推測させ続けることができる。

《軽蔑的な一撃/Disdainful Stroke》を持ってきたのか?

第1ゲームでキャストしたものをカットしたのか?

何も変えていないことを明らかにすれば、相手にとっては楽な状況になるだけだ。

 

最後に、試合の前にサイドボードのことをよく考えてほしい。

シールドのトーナメントでプレイするときは、ラウンドの間、丸一日かけて自分のカードプールを分析し、選択肢を検討する。

また、友人にも意見を求めよう。

ときにはデッキ構築の間違いに気づき、すべての試合で特定のサイドボードを変更することがある。

また、試合中には見つけられなかったかもしれない、特定の状況に適したサイドボードの選択肢を見つけることもある。

 

繰り返しになりますが、サイドボードを考えることには何のコストもかからない。

前もって選択肢を知っておくことは、自分の助けにしかならない。

 

リミテッドマジックとは、小さな決断の積み重ねが、対戦相手に対して小さなアドバンテージを(願わくば)与えてくれるものなのだ。

サイドボードは、あなたがそれに値する敬意を払い、うまく使うことを学べば、これらの小さな利点をたくさん提供する可能性がある。

次の試合では、サイドボードがあなたに何をもたらしてくれるのか見てみてほしい。


絆リス

訳はここまで!(プレビューパートは割愛してます!)

おわりに

ということでLEVEL ONE リミテッド講義の3回目「SIDEBOARDING IN LIMITED」について要約・翻訳をしてみた。

リミテッドにおけるサイドボードの考え方の基礎的な話をここで覚えて、次なる講義をチェックしておこう。

LEVEL ONEの翻訳記事一覧はこちら

 

いやはや、往年の記事を読むのも勉強になるものである

筆者

絆リス

勉強になるな
そして紙で遊べ!

トスキ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です