「THE SIDEBOARD」サイドボード入門【LEVEL ONE翻訳】Deck Construction – 3

【MTG上達】Reid Duke - LEVEL ONE 翻訳と要約

この記事について

MTGの公式サイト(英語)にて連載されていた、体系的MTGプレイング講座「Level One」を翻訳・要約していく記事である。

LEVEL ONEの翻訳記事一覧はこちら

これからマジックの上達を目指していく人の助けになれば幸いである。

というか筆者自身も上達したい

筆者

そんなわけで要約と翻訳を掲載していく。

訳は誤りもあり得るので適宜原文にもあたってみていただきたい(そしてDeeplにかなり頼っている)

絆リス

シラバスの原文はこちら!
参考 LEVEL ONE: THE FULL COURSEMTG(英語)

LEVEL ONE – 「THE SIDEBOARD」構築フォーマットのサイドボード入門【要約】

参考 THE SIDEBOARDMTG(英語)

【要約】内容はこんなかんじ

要約
  • サイドボードは勝敗に直結している
  • サイドボードのアプローチの種類を把握しよう
    • 脅威への解答
    • 脅威の追加
    • ヘイトカードの追加
    • アグレッシヴサイドボード
  • サイドボードを含めた全体像を見失わないようにしよう
  • 過剰なサイドボーディングは禁物
こんな感じ!

筆者

絆リス

詳しくは下の訳を読んでみてね!

【翻訳】「THE SIDEBOARD」構築フォーマットのサイドボード入門

ということで以下訳である。

絆リス

当時(2015年頃)のスタンダードのカードを使っての説明になっているので、現代のカードやデッキに置き換えて考えてみてね!

画像はMTGの公式サイトの原文ページより引用させていただいている。


Posted in Level One on August 10, 2015 By Reid Duke

序文

マジックのデッキは60枚のカードで構成されていて、特定のカードは4枚までしか使えない(もちろん、基本的な土地は除く)ということは、ゲームに慣れていない人にも簡単に説明できる。

デッキに含まれない15枚のカードについて教えるのは、もう少し難しい。

さらに、それらのカードがどれほど重要で、慎重に選択することがどれほど重要であるかを伝えるのは難しいことだ。

 

トーナメントの試合は、通常、3本中2本先取で決まる。

第1ゲームでは、両プレイヤーがメインデッキ(60枚のカード)を使用し、すべての試合の開始時に同じカードを使用する。

第1ゲーム終了後、プレイヤーはサイドボードから15枚のカードを自由に入れ替えて、次のゲームで勝つために自分のデッキを調整することができる。

 

厳密に言えば、60枚以上のデッキでプレイすることはルール上問題ないが、常にデッキは60枚以上、サイドボードは15枚以下でなければならない。

(ただし、リミテッドではこの限りではない。リミテッドでのサイドボードについては、こちらの記事をご覧いただきたい)

【MTG上達】Reid Duke - LEVEL ONE 翻訳と要約「SIDEBOARDING IN LIMITED」リミテッドにおけるサイドボーディング【LEVEL ONE翻訳】Limited-03

サイドボードはトーナメントで勝ちを生み出す。

サイドボードのカードは、特定のタスクやマッチアップのためにピンポイントで使うことができるので、しばしば最も強力なツールとなる。

時には、サイドボードが2つのデッキの対戦を決定する最も重要な要素となることもある。

サイドボードをうまく構築して使うことは、トーナメントでの成功に欠かせない。

 

ここでは、サイドボードにできることをいくつかご紹介したい。

ANSWERING PROBLEMS 問題の解決

サイドボードは、自分のデッキを対戦に適したものにすることを目的としている。

その目的を達成するために、相手の脅威に対する完璧な答えを持ってくること以上に簡単な方法があるだろうか?

 

サイドボードカードの典型的な例は、アーティファクトやエンチャントを破壊するカードである。

極端な状況を除いて、プレイヤーは《粉々/Smash to Smithereens》のようなカードが特定の対戦相手に対して役に立たないことを恐れて、メインデッキには入れない。

しかし、サイドボードに《粉々/Smash to Smithereens》を入れておけば、この記事の最後に紹介したような、アーティファクトに特に依存したデッキと対戦したときに便利である。

 

同様に、対戦相手がエンチャントをたくさん持っている場合は、エンチャントへの回答を多くサイドボードに入れたほうがいいだろう。

対戦相手が軽いクリーチャーの群れで勝とうとしている場合は、《衰滅/Languish》のようなボードスイーパーがいいかもしれない。

対戦相手が特に破壊的な呪文を持っている場合は、おそらく《否認/Negate》が最適だろう。

サイドボードは、どんな仕事にもぴったりの道具を見つけることができる。

第1ゲームをプレイすれば、その時の「仕事」が何であるかを正確に示すことができる。

ADDING THREATS 脅威の追加

逆に、サイドボードを使って、相手が(できれば)苦戦するような新しい脅威を見つけることもできる。

これにはいくつかの方法がある。

 

まず、単純に脅威を増やして、相手の回答に負荷をかけようとする方法がある。

例えば、クリーチャーがほとんどいないコントロール・デッキと対戦するとする。

サイドボーディングでは、効果のないクリーチャー除去を取り除き、脅威の集中度を高めることができるので、非常に役立つはずだ。

 

また、既存の脅威をアップグレードすることもできる。

ボードスイーパーを持つデッキに対しては、《搭載歩行機械/Hangarback Walker》のようなクリーチャーを使うことで、もう少し回復力を高めることができます。ゴブリンのデッキであれば、厄介なブロッカーだらけのデッキに対して、《地底の斥候/Subterranean Scout》に興味を持つかもしれない。

サイドボードとは、マッチアップに合わせてデッキを完成させることであり、いくつかのマイナーなアップグレードはそのための大きな要素となる。

 

しかし多くの場合、サイドボードは脅威の多様化を目的としている。

相手が効果的に答えられないような脅威を突きつけることが重要だ。

そして、攻撃できる角度が多ければ多いほど、そのチャンスは広がる。

赤のデッキの新しいサイドボードカードとしては、《溶鉄の渦/Molten Vortex》がある。

コントロール・デッキは、あなたのクリーチャーを殺し、あなたのバーン・スペルを打ち消すことで、あなたをシャットダウンしようとする。

しかし、長引くゲームの中で《溶鉄の渦/Molten Vortex》によるゆっくりとした出血を克服するために、彼らができることは多くない。

 

一般的に、プレインズウォーカーやその他の非クリーチャーの脅威は、遅いデッキに対する優れたサイドボードカードとして注目されている。

HATE CARDS ヘイトカード

問題に答えたり、脅威を追加したりすることは、サイドボードの枠を使う汎用性の高い方法の一例だ。

長いトーナメントでは、これらのカードは多くのマッチアップでマイナーアップグレードの役割を果たすので、頻繁に使用することになるだろう。

しかし、もう一つの方法は、特定のデッキ、色、戦略を打ち負かす(ヘイトアウトする)のに非常に効果的な単一のカードであるヘイトカードを探すことである。

例えば、《護法の宝珠/Orbs of Warding》は、バーン・スペルを多用するデッキにはほとんど手が出せない。

《ガイアの復讐者/Gaea’s Revenge》は、パーミッション呪文や除去を控えたい青系のコントロール・デッキにとっては悪夢のようなカードである。

《悲劇的な傲慢/Tragic Arrogance》は、緑単信心のようなクリーチャー・ランプ・デッキを完全に破壊することができる。

経験則では、戦略が極端であればあるほど、サイドボードで対抗するのが容易になる。《衰滅/Languish》のような軽めなボードスイーパーで、小さなクリーチャーデッキを苦しめることができる。

コンビネーション・デッキが適切な準備をする前に相手の駒を1つ破壊することで、そのデッキの動きを封じることができる。

 

サイドボードに余裕があるときはいつでも、人気のあるデッキに対するヘイトカードを特定して使用することは、トーナメントでのチャンスを増やすための素晴らしい方法だ。

汎用性の高いサイドボード・カードほど頻繁には使わないかもしれないが、サイドボード・スロット1~2枚分の低コストでマッチアップを有利にすることができる。

TRANSFORM SIDEBOARDS アグレッシブサイドボード

サイドボードの最も興味深い点は、それが秘密裏に行われることだ。

ほとんどの場合、対戦相手はあなたのサイドボードにどんなカードが入っているのか、ましてや第2ゲームにどのカードを持ってくるのか、知る由もない。

つまり、相手が予想も準備もしていなかった戦略を採用して、相手の意表を突くチャンスがたまにあるのだ。

 

例えば、メインデッキにクリーチャーがほとんど入っていないコントロールデッキの場合、相手が大量のクリーチャー除去をサイドボードで外しているのに対して、あなたが《ヴリンの神童、ジェイス/Jace, Vryn’s Prodigy》や《搭載歩行機械/Hangarback Walker》などの脅威的なクリーチャーをサイドボードに入れていれば、簡単に勝利を奪うことができるかもしれない。

 

一方で、一見アグレッシブなジェスカイ・デッキは、《対立の終結/End Hostilities》、《太陽の勇者、エルズペス/Elspeth, Sun’s Champion》、《時を越えた探索/Dig Through Time》をサイドボードに入れることで、よりコントロールしやすいデッキに変身するかもしれない。

 

クリーチャー除去やライフゲインをやりすぎた相手は、ゲーム後半で簡単に負けてしまう。

 

アグレッシブサイドボードは、うまくいったときには楽しく印象的なものになるが、他に何もうまくいかないときの万歳三唱としてのみ使用することをお勧めする。

結局のところ、サイドボードは自分のデッキを完成させるためのものであって、相反する2つの戦略を同時に採用しようとする不器用なものではないのだ。

HOW TO BUILD YOUR SIDEBOARD サイドボードの組み方

サイドボードの構築は、メインデッキの構築と同じくらい難しく、重要な作業である。

しかし、私の経験から言うと、サイドボードには相応の注意が払われているとは言い難い。

The Elephant Method エレファント・メソッド

15枚のカードの中から自分にぴったりのものを選ぶのはなかなか難しいものだ。

そのためには、「エレファント・メソッド」という方法がある。

伝説のデッキビルダーであり、プロツアーの殿堂入りを果たしたZvi Mowshowitz氏は、エレファント・メソッドを次のように説明している。

「すべてのマッチアップに対する理想的で現実的なリストを書き出し、それらのリストに含まれるユニークなカードが75枚になるようにしてから、メインデッキ用の特定の60枚とサイドボード用の特定の15枚を決定する」

「エレファント・メソッド」を採用すると、自分のデッキを75枚の完全なユニットとして考えることになる。

まず、想定される対戦相手ごとに、サイドボード後のデッキがどのようなものになるのかを考える。

次に、それぞれの対戦で投入するカードと除去するカードの数が適切かどうかを確認する。

最後に、それに従ってデッキとサイドボードを構築する。

つまり、全体像を見て、メインデッキと同様にサイドボードも全体像の中で重要なのだ。

Don’t Over-Sideboard 過剰なサイドボーディングをしない

よくある落とし穴として、「過剰なサイドボーディング」がある。

サイドボードに入れるカードが多すぎて、本来のデッキのゲームプランが崩れてしまうのは危険である。

サイドボードを組む際には、クリーチャー数やマナカーブなど、デッキ構成の重要な部分に引き続き注意を払ってほしい。

 

例えば、アグロ系のデッキの場合、6体のクリーチャーと6枚のアンサーカードを入れ替えると、問題が発生する可能性がある。

そもそも、このデッキを選んだ理由であるアグレッシブな可能性が失われてしまうからだ。

 

同様に、コントロール・デッキと高速アグロ・デッキとの対戦では、《骨読み/Read the Bones》のようなカードを引く呪文は、特に自分のライフを失うことになるので、印象に残らないかもしれない。

確かに、《骨を読む》は「ベストカード」のひとつではないが、終盤の強力なカードを一定の密度で維持する必要がある。

私は、サイドボードに軽い除去呪文を入れすぎたために、マナフラッドに悩まされ、本来勝つために作られたデッキが長期戦で負けてしまうという失敗を何度もしてきた。

《骨読み/Read the Bones》はデッキの全体的な構造にとって非常に重要なので、たとえライフの合計を攻撃してくる相手であっても、入れておくべきかもしれない。

An Example 例

プレイヤー・オブ・ザ・イヤーに輝いたMike Sigristがどのようにサイドボードに取り組んでいるかを見てみよう。

彼はプロツアー『Magic Origins』で、エキサイティングな「青赤《アーティファクトの魂込め/Ensoul Artifact》」デッキで2位に入賞した。

まず最初に認識すべきことは、Sigrist氏のデッキは非常に具体的で集中したゲームプランを持っていたため、サイドボードの取り過ぎのリスクが特に大きかったということである。

軽いアーティファクトを出しすぎると、彼の《アーティファクトの魂込め/Ensoul Artifact》の効果が失われてしまう。

守りに入ってしまうと、相手を《爆片破/Shrapnel Blast》の射程内に入れることができなくなってしまう。

そのため、Mikeのサイドボードはほとんどが彼の問題を解決するカードで構成されている。

《クルフィックスの狩猟者/Courser of Kruphix》や《包囲サイ/Siege Rhino》、《囁きの森の精霊/Whisperwood Elemental》などを採用した緑のクリーチャー・デッキに対しては、《焙り焼き/Roast》が優れている。

《大地の断裂/Seismic Rupture》はクリーチャーの群れに対する防御となり、モノ・レッドに対するヘイトカードとさえ考えられるだろう。

《軽蔑的な一撃/Disdainful Stroke》は、重い呪文に頼る遅いデッキに効果的だ。

 

重要なのは、マイクがこれらのカードを導入する際には、メインデッキの反応性の高いカード(《頑固な否認/Stubborn Denial》や《巻き添え被害/Collateral Damage》)のアップグレードであるか、あるいはあちこちに小さな調整を加えるだけであるということだ。

最優先事項は、デッキの構造とマナカーブを維持し、サイドボード後も最大の効率を発揮できるようにすることであった。

 

彼の最後の3つのスロットは《飛行機械の諜報網/Thopter Spy Network》で、ゲーム後半に少しでもパワーが必要なマッチアップにおいて、脅威を多様化し、アップグレードするための方法として機能していた。

アブザン・コントロールや青黒コントロールなどのデッキは、防御してゲームをスローダウンさせ、小さなアドバンテージを獲得しようとする。

《飛行機械の諜報網/Thopter Spy Network》は、Sigristの対戦相手がカード・アドバンテージの山に埋もれてしまうようにすることで、この計画を馬鹿げたものにする。

Practice with Sideboards サイドボードの練習

サイドボード後の2つのデッキのマッチングは、第1ゲームでのマッチングとはほとんど似ても似つかないことがある。

このような場合、実際のトーナメントで試行錯誤するのではなく、事前に知っておきたいものだ。

 

マジックの他の要素と同様に、完璧なサイドボードを作るための秘密のレシピはない。

重要なのは、トーナメント当日の朝にまとめてしまうのではなく、それに見合った注意を払うことである。

個人的には、トーナメント準備の後半では、練習ゲームのほとんどをサイドボードでプレイしたいと思っている。

トーナメントの準備において、もしあなたがサイドボードを使ったゲームをしていないか、あるいは後回しにしているのであれば、サイドボードを特に重視するようにプロセスを見直すことをお勧めしたい。

サイドボードにちょっとした工夫をすることで、大きな成果が得られるだろう。


絆リス

訳はここまで!

おわりに

ということでLEVEL ONE 構築学の3回目「THE SIDEBOARD」について要約・翻訳をしてみた。

今回は構築フォーマットでのサイドボーディングの基礎を学べる内容となっていた。

勝敗に大きく関わるサイドボードについて、その基本を学んで大会に備えよう。

LEVEL ONEの翻訳記事一覧はこちら

 

いやはや、往年の記事を読むのも勉強になるものである

筆者

絆リス

勉強になる!
そして紙で遊べ!

トスキ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です