「LINEAR STRATEGIES」オールイン【LEVEL ONE翻訳】Concepts of Gameplay Part 1 – 04

【MTG上達】Reid Duke - LEVEL ONE 翻訳と要約

この記事について

MTGの公式サイト(英語)にて連載されていた、体系的MTGプレイング講座「Level One」を翻訳・要約していく記事である。

LEVEL ONEの翻訳記事一覧はこちら

これからマジックの上達を目指していく人の助けになれば幸いである。

というか筆者自身も上達したい

筆者

MTGのプレイングに関する記事群をあさり始めたところでこのLEVEL ONEに今更ながらいきついた。

せっかくなのでこのLEVEL ONEをちゃんと読んでみようと思い至った次第である。

かのReid Duke氏が書いている記事だぞ!

筆者

そんなわけで要約と翻訳を掲載していく。

訳は誤りもあり得るので適宜原文にもあたってみていただきたい(そしてDeeplにかなり頼っている)

絆リス

シラバスの原文はこちら!
参考 LEVEL ONE: THE FULL COURSEMTG(英語)

LEVEL ONE – 「LINEAR STRATEGIES」オールイン【要約】

参考 LINEAR STRATEGIESMTG(英語)

【要約】内容はこんなかんじ

要約
  • オールインするデッキの特性を知るべし
    • やりたいことができれば非常に強力な戦略である
    • 自分のデッキの目的を遂行するためのカード以外はほぼ入らない
      そのため相手への干渉は基本的にしない(できない)
    • サイドボードで対策されやすい
    • モード呪文がデッキにはまると柔軟性が得られるかも
こんな感じ!

筆者

絆リス

詳しくは下の訳を読んでみてね!

【翻訳】LINEAR STRATEGIES オールイン(直線的な戦略)

ということで以下訳である。

絆リス

当時(運命再編発売前)のプレビューも含まれているぞ
MEMO

画像等はMTGの公式より引用させていただいている。

参考 LINEAR STRATEGIESMTG(英語)

Posted in Level One on December 29, 2014 By Reid Duke

序文

マジックについて考えるとき、あなたは何を思い浮かべるだろうか?

攻撃、ブロック、クリーチャー、除去呪文など、一進一退の攻防が繰り広げられるゲームの特徴を思い浮かべるのではないだろうか。

しかし、マジックには様々な形がある。

今日は、接近戦や一進一退のゲームに興味のないデッキについて説明しよう。

 

今回は、「直線的な戦略」について説明する。

どのようなものなのか、その長所と短所を説明したい。

最後に、スタンダードにおける少なくとも1つの線形戦略にとって非常に価値のある運命再編のカードを紹介する。

 

直線的な戦略とは、一つの目的やテーマに集中することだ。

すべてのカードはその目標に貢献しており、その計画から外れることはほとんどない。

相手が何をしているかを気にすることは、気晴らしにしかならない。

つまり、直線的な戦略とは、A地点からB地点までの「直線」を辿ることなのだ。

 

カジュアルプレイヤーだった頃の私は、直線的な戦略のデッキを作っていた。

《エルフのチャンピオン/Elvish Champion》というカードを見て、「うーん、このカードいいな、エルフ好きだし」と思ったのだ。

その後、《傲慢な完全者/Imperious Perfect》に興味を惹かれるまでは、何もなかった。

《エルフの大ドルイド/Elvish Archdruid》と《ジョラーガの戦呼び/Joraga Warcaller》が印刷されたとき、私は何をすべきかはっきりと理解した。

 

エルフがたくさんいて、エルフにボーナスを与えるクリーチャーがたくさんいるデッキを作ったのだ。

天才では!?

さて、すべての緑のクリーチャー・デッキが “直線的な戦略 “に該当するわけではない。

直線的な戦略を採用しなくても、《傲慢な完全者/Imperious Perfect》と大量のエルフでデッキを組むことも可能だ。

しかし、私のデッキでは、最終的に転機を迎えました。エルフを使うことで得をするカードをたくさん入れてしまったため、デッキにエルフ以外のカードを入れたくなくなってしまったのだ。

もう《巨大化/Giant Growth》を引きたくなかったし、相手のクリーチャーに《破滅の刃/Doom Blade》を当てたくなかったし、ただもっともっとエルフを引きたかったのだ。

私はこれらの雑多なカードをすべてカットし、土地とエルフのみプレイするようにした。

私は「直線的な戦略」をとったのだ。

THE STRENGTH OF LINEAR STRATEGIES

線形戦略は、非常に爆発的で強力な可能性を秘めている。

その目的は、マジックをフェアにプレイすることではない。

そして、その目的を達成するために、より遅く、より強力ではなく、より集中していないデッキを持つ対戦相手を蹂躙することが多いのだ。

 

私がエルフのデッキをプレイしていた頃、このフォーマットで最も優れたクリーチャーのひとつが《台所の嫌がらせ屋/Kitchen Finks》であった。

1対1では、《台所の嫌がらせ屋/Kitchen Finks》は《エルフのチャンピオン/Elvish Champion》を大きく上回っています。しかし、4枚の《台所の嫌がらせ屋/Kitchen Finks》が4枚の《エルフのチャンピオン/Elvish Champion》に対抗するにはどうすればいいのでしょうか?

さらに、5マナを使って《ジョラーガの戦呼び/Joraga Warcaller》をパーティに加えたらどうなるだろう?

直線的な戦略は、しばしば制御不能のスパイラルに陥るように設計されてる。

もし、私の直線的なデッキが「やるべきことをやる」ことが許され、あなたの通常のデッキが「やるべきことをやる」ことが許されるならば、直線的なデッキが勝ち、しばしば印象的な結果となる。

 

このコラムでも一度触れたことがある、もうひとつのリニア戦略を紹介しよう。

コンボデッキは、直線的な戦略の好例だ。

Li Shi Tianのデッキでは、戦闘可能なクリーチャーと除去呪文が不足していることに注意していただきたい。

基本的に、何かが不足している。

それは、彼のコンボに貢献する以外のカードだ。

 

以前、このデッキを紹介したときのおさらいである。

Lee Shi Tianのデッキは《ジェスカイの隆盛/Jeskai Ascendancy》を中心に構築されている。

数々の強力な相互作用に加えて、彼は《ジェスカイの隆盛/Jeskai Ascendancy》、《撤回のらせん/Retraction Helix》、《贈賄者の財布/Briber’s Purse》を組み立てることを目指している。

彼は《撤回のらせん/Retraction Helix》を《爪鳴らしの神秘家/Rattleclaw Mystic》のようなクリーチャーに唱え、それをタップして《贈賄者の財布/Briber’s Purse》を手札に戻し、0マナで《贈賄者の財布/Briber’s Purse》を唱え、《ジェスカイの隆盛/Jeskai Ascendancy》で《爪鳴らしの神秘家/Rattleclaw Mystic》をアンタップし、《爪鳴らしの神秘家/Rattleclaw Mystic》が《ジェスカイの隆盛/Jeskai Ascendancy》で+1,000/+1,000になるまでこのプロセスを繰り返し、勝利のために攻撃するのだ。

 

Lee Shi Tianは、これを致死コンボの形に作り上げた。

彼には除去呪文も防御も必要なかった。

なぜなら、彼のデッキは単に相手よりも速くて強力だったからだ。

彼は4ターン目にゲームに勝つことができ、多くの場合、相手はそれに対して何もできなかったのだ。

THE WEAKNESSES OF LINEAR STRATEGIES

すべてのものが直線的な戦略に貢献することを強いられると、デッキの個々のカードの質が低下してしまう。

私は《台所の嫌がらせ屋/Kitchen Finks》を最高のクリーチャーの1つとして挙げたが、私のデッキの一途な性格のために、それをプレイする機会を避けざるを得なかった。

うまくいっているときは、《台所の嫌がらせ屋/Kitchen Finks》が欲しいと思うことなく、代わりにエルフが増えたことを喜んでいた。

しかし、うまくいっていないときには、自分の選択を後悔することもあったわけだ。

 

1対1では、《台所の嫌がらせ屋/Kitchen Finks》が《エルフのチャンピオン/Elvish Champion》に勝つ。

4対4では《エルフのチャンピオン/Elvish Champion》が《台所の嫌がらせ屋/Kitchen Finks》に勝つ。

つまり、通常のデッキは、できるだけ1対1の戦いに近づけることが目標となる。

直線デッキの目標は、カードが最も強力になるように展開することだ。

これをクリティカルマスの達成と呼んでいる。

線形戦略と戦う1つの方法は、それらがクリティカルマスを達成しないようにすることだ。

私はエルフのデッキでキッチンフィンクスと対戦するのが好きだった。

私がプレイされたくなかったカードがわかるだろうか?

《稲妻/Lightning Bolt》、《ショック/Shock》、《破滅の刃/Doom Blade》である。

対戦相手が多くのエルフを除去し、戦場に1つか2つのクリーチャーしか残らなかったとき、私のエルフは通常のデッキがプレイするために選択したクリーチャーよりも単純に弱かったのだ。

クリティカルマスを達成できなかったとき、私のデッキは思ったように機能しなかった。

 

直線的な戦略は、パワーと引き換えに柔軟性を失う。

これには2つの弱点がある。

 

まず、直線的な戦略では、相手への干渉手段がほとんどない。

相手のゲームプランを阻止する準備ができておらず、自分の戦略がより強力であることを前提にしている。

 

私のエルフデッキが《ジェスカイの隆盛/Jeskai Ascendancy》コンボに対抗したらどうなるだろうか?

相手のクリーチャーを殺す方法も、エンチャントを破壊する方法も、そして相手にカードを捨てさせる方法もない。

エルフ以外のカードをデッキに入れると戦略が弱くなってしまうので、これらは事実だ。なぜなら、自分のデッキよりも速いデッキに直面しているのに、それを止めることができないからである。

私にできることは、エルフを出して、相手が4ターン目に私を殺すのを待つことだけだ。

これではほとんどマジックができない!

 

第二に、直線的な戦略は時に非常に攻撃しやすい。

サイドボードについての講義で、私は「経験則として、戦略が極端であればあるほど、サイドボードで対抗するのは簡単だ」と言った。

直線的な戦略は、それくらい極端である。

 

私のエルフ・デッキは《稲妻/Lightning Bolt》と《破滅の刃/Doom Blade》に弱いとも言っているわけだが、以下ののカードに直面することを想像してみてほしい。

私の戦略は極端で悪用しやすいので、相手は私のクリーチャーを徹底的に破壊するカードを簡単にサイドボードに入れられる。

また、柔軟性に欠けるため、対策やダメージコントロールがしにくく、問題はさらに深刻となる。

WHITE-BLUE HEROIC 青白英雄的

すべては長所と短所を比較するゲームとなる。

直線的な戦略は攻撃されやすいし、柔軟性に欠けることもある。

しかし、多くの場合、その生の力はこれらの犠牲を払う価値がある。

もしあなたがサイドボード前に非常に大きな人気を得ているなら、もしかしたらサイドボード後に小さな負け犬になっているかもしれない。

 

スタンダードで成功している別の直線的な戦略がある。

白青(WU) 英雄的は、1体の巨大なクリーチャーを迅速かつ効率的に生み出すことを目指している。

このクリーチャーは通常、ブロックされず、時にはライフリンクを得ることもある。

このデッキは、この1つの脅威を支え、守るために設計されている。

 

直線的な戦略にありがちなことだが、Tom RossのWU英雄的デッキには除去呪文がないことに気づくだろう。

ただし、ピンチの時に《ヘリオッドの巡礼者/Heliod’s Pilgrim》でサーチできる《鐘音の一撃/Singing Bell Strike》が1枚ある。

なぜなら、ゲームプランに貢献しないカードはすべて、デッキを弱体化させるだけだからだ。

A地点からB地点に行くのだから、回り道をしている余裕はないということを忘れないでいただきたい。

 

それは、このカードを印刷するまでのことである。

(訳注:当時の新カードプレビューも兼ねている。運命再編は2015年1月23日発売のセットである)

 

《勇敢な姿勢/Valorous Stance》は、「運命再編」に収録されているエキサイティングで汎用性の高いカードで、「WU英雄的」に最適なカードとなるかもしれません。

 

WU英雄的のデッキの多くは、その強力なクリーチャーを守ることに専念しなければならない。

そうでなければ、たった1つの除去呪文で戦略を完全に停止させることができてしまう。《勇敢な姿勢/Valorous Stance》は、直接的で信頼性が高く、効率的な方法でクリーチャーを守る。

このカードは、このデッキの戦略に直接貢献し、必要な仕事をしてくれる。

 

また、除去呪文を組み込むことで、デッキに必要な柔軟性を持たせることができる。

繰り返しになりますが、WU英雄的には《停止の場/Suspension Field》や《復仇/Reprisal》などの専用の除去呪文を使う余裕はない。

なぜならそれらは直線的なゲームプランに貢献しないからだ。

しかし、だからといって、「除去呪文があればいいのに」と思うことがないわけではない。

 

《勇敢な姿勢/Valorous Stance》は、《クルフィックスの狩猟者/Courser of Kruphix》、《包囲サイ/Siege Rhino》、《軍族の解体者/Butcher of the Horde》、《凶暴な拳刃/Savage Knuckleblade》など、スタンダードの特徴的なクリーチャーのどれかを倒すことができる。

 

WU英雄的では、これは厄介なブロッカーを切り抜けること、レースを有利に進めること、あるいはゲームプランを実行するための時間を稼ぐことを意味する。

 

それが可能なのは、2つの異なる役割を果たす汎用性があるからである。

除去呪文だけでは採用されないだろうし、破壊不能の効果よりも《抵抗の妙技/Feat of Resistance》の方が望ましいかもしれない。

しかし、この2つの能力を組み合わせることで、多くのゲームでとてつもない価値を発揮するカードになるのだ。

 

《勇敢な姿勢/Valorous Stance》は優れたカードであり、WU英雄的だけに限定する必要はない。

白を基調としたクリーチャー・デッキには最適なカードと言えるだろう。

 

特に価値のある使い方は、あなたの最高のクリーチャーを《対立の終結/End Hostilities》から救うことだ。

 

また、戦闘での応用も可能です。例えば、自分の《カマキリの乗り手/Mantis Rider》が相手の《カマキリの乗り手/Mantis Rider》に戦闘で勝てるようにすることができる。

 

《勇敢な姿勢/Valorous Stance》は、スタンダードでのゲームチェンジャーになる可能性を秘めている。

自分のデッキに加えないにしても、その存在を意識しなければならないだろう。

あなたの《ラクシャーサの死与え/Rakshasa Deathdealer》や《道の探求者/Seeker of the Way》を4/4にする前によく考えてみてほしい。

対戦相手が白マナをアンタップする前に、自分のターンに《英雄の破滅/Hero’s Downfall》を使うことを考えてみていただきたい…。

 

WU英雄的に《勇敢な姿勢/Valorous Stance》が加わったことで、スタンダードでは特に致命的な直線的なデッキになるかもしれない。

そのパワーの恩恵を受ける側になるか、あるいは対抗する側になるか、である。


絆リス

訳はここまで!

おわりに

ということでLEVEL ONE ゲームプレイの概念の第4回目講義「LINEAR STRATEGIES」について要約・翻訳をしてみた。

オールインするデッキの特徴を今一度知ることができたはず。

 

いやはや、往年の記事を読むのも勉強になるものである

筆者

絆リス

勉強になるな
そして紙で遊べ!

トスキ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です