【開封してみた】イニストラード:真夜中の狩り セットブースターボックス

イニストラード真夜中の狩りセットブースターボックス開封

2021年9月24日にMTGの新セット『イニストラード:真夜中の狩り』が発売された。

そんなわけでセットブースターを買ってみた

筆者

絆リス

いいじゃん

開封の様子をお届けしたい。

イニストラード:真夜中の狩り セットブースターボックス開封

コンパクトになったセットブースターボックス

今回のセットブースターボックスはこんな感じ。

だいぶスリムになった。良い。

開けるとこんな感じ。セットブースターパックのアートは1種類。

パック裏面。

日本製。封入比率なんかも細かく書いてある。

開封結果

6パックずつレアを中心に結果を掲載する。

1パックの中身はこんな感じ。

詳細はこちらに記載されている。

参考 『イニストラード:真夜中の狩り』製品紹介MTG公式

フルアート基本土地。色がついているところがやや光沢感がある。いい感じ。

最初の6パック。通常のレア6枚に加え、ショーケース枠からレアが2枚。リストがいくつかあたった。サイン入りのあーとカードも!

通常のレアの枠以外から神話が出たのはアツい。両面のショーケース。

裏のオーメンダールはこんな感じ。

12パック目。ショーケースのフォイルの神話レアが!リストもちらほら。

18パック目。レア土地フォイルやショーケースレアも。

24パック目。赤敵対者を始めとした神話3枚。リストが大量。統率者レアの呪いが出てきた。

ていうか引き渋くない…?

筆者

ラスト30パック目まで。リストから5テフェ!(リストの新ラインナップ?多分開封した中で一番高い) リーサのサイン入りアートカードも良き!

ということで開封結果はこんな感じであった。

おまけ いろんな開封比率

リストを除くレア・神話レアは38枚。

レアフォイルの数は3枚だった。

ノーマルのショーケースレアは5枚。

統率者レアは1枚/30パック。少なかった。

レアかぶりは3種。

ショーケースやフォイルも含めると更に5種類かぶった。

リストは8枚/30パック。比率は25%なのでやや上振れ。アーリンはMIDのが出てほしかった…。あ、テフェリーさんは5テフェでいいです。

基本土地のフォイルは5/30枚。

基本土地はこんな感じ。画像上段は同一のアーティストDAN MUMFORD氏による。輪郭のはっきりとしたタッチ。
下段は鉛筆っぽいタッチに見える平地・沼・森がALAYNA DANNER氏(しばしばMFにて来日している方)、線でのトーンと波の茫洋とした表現が素晴らしい島がEVAN CAGLE氏、揺らぐもやもやの表現とごつい岩肌のコントラストがかっこいい山がDARIA KHLEBNIKOVA氏。

個人的には右下の森がかなり好き。

この基本土地が手に入るのも嬉しいセットブースターボックス開封であった。

おわりに

ということでイニストラード:真夜中の狩りのセットブースターボックスを開封した、という話であった。

5テフェのおかげでダメージは緩和したが、引き的にはわりとしょっぱい結果となったしまった。

土地カード好きな筆者としてはいい感じの基本土地がたくさん手に入ったのは割とテンションが上がるので良しとしたい。

 

いやはや、それにしても開封、楽しいものである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です